劇場版名探偵コナン「ベイカー街の亡霊」聖地巡礼【東京/千葉/イギリス】

「ベイカー街の亡霊」基本情報

「ベイカー街の亡霊」基本情報
キャッチコピー 夢か亡霊か!? 歴史の迷宮ラビリンスに隠された真実を掴め
公開日 2002年4月20日
監督 こだま兼嗣
脚本 野沢 尚
主題歌 B’z「Everlasting」

1作品目の「時計仕掛けの摩天楼」から5作品目の「天国へのカウントダウン」の脚本は古内一成さんでしたが、6作品目の「ベイカー街の亡霊」は野沢尚さんが脚本を担当されています。

コナンファンの中でもベイカーは「異色感がある」と賛否両論の作品でもありますが、初めて観たときのワクワクは今でも覚えているくらい大好きな作品です。

脚本を担当したのは、「破線のマリス」や「深紅」などの小説や数々のドラマ脚本で高い評価を受けている野沢尚さん。映画の脚本を執筆するにあたって、原作をすべて読破したそうですぅー😆 #ベイカー街の亡霊 #コナン最高 #ベイカー街 #コナン屈指の名作
引用元:Twitter

「ベイカー街の亡霊」聖地一覧

シャーロックホームズ博物館

オープニングシーンでコナン、阿笠博士、工藤優作がいる場所はシャーロックホームズ博物館です。

コナンは部屋の暖炉の前、博士と優作は221と住所が書かれた玄関の前に登場しています。

コクーンのゲーム空間でイギリスの世界を選んだコナン達が訪れたホームズの家もシャーロックホームズ博物館がモデルになっています。

ベイカー街の亡霊では、ゲーム空間での”シャーロックホームズの家”になっていますが、アニメ名探偵コナン第616話-第621話のホームズの黙示録ではシャーロックホームズ博物館へ訪問しています。

幕張メッセ

『コクーン』の発表会が開催された米花シティホールの外観のモデルになっているのは、幕張メッセです。

  1. イベントホール前に大きな屋根がある
  2. ホールが複数箇所に分かれている

幕張メッセ イメージ図

こちらのイメージ図を見ていただればわかりますが、幕張メッセはイベントホール、国際展示場の建物が分かれており米花シティホールに造りが似ています。

エンドロールの取材協力でも「幕張メッセ」と書かれているので、米花シティホールの外観モデルは幕張メッセで間違いないでしょう。

東京芸術劇場

『コクーン』の発表会が開催された米花シティホールの内観のモデルになっているのは、東京芸術劇場でしょう。

体感型最新ゲーム「コクーン」が並んでいる場所は舞台の上のような場所でした。

エンドロールの取材協力でも「東京芸術劇場」と書かれているので、米花シティホールの内観モデルは東京芸術劇場で間違いないでしょう。

中野サンプラザ

『コクーン』の発表会が開催された米花シティホールの内観のモデルになっているのは、中野サンプラザでしょう。

米花シティホールの内観は、先ほど紹介した東京芸術劇場と中野サンプラザのコンサートホールの両方をモデルにして造られているんだと思います。

トロピカルランドも複数の施設をモデルにしているので、米花シティホールも同じように複数の施設をモデルにしていてもおかしくはありません。

椅子の並び方や緞帳の部分は、中野サンプラザのコンサートホールにそっくりです。

エンドロールの取材協力でも「サンプラザ」と書かれているので、米花シティホールの内観モデルは中野サンプラザで間違いないでしょう。

中野サンプラザは、瞳の中の暗殺者でもモデルとして登場しています。(白鳥警部の妹の結婚を祝う会の会場、傘立てがあったロビー)

グレート・スコットランド・ヤード(初代ロンドン警視庁本部庁舎)

ジャックザリッパーの説明をしているときに、グレート・スコットランド・ヤードの建物が登場しています。

切り裂きジャックの犯行は1988年8月31日~同年の11月9日に犯行が行われており、その時期のロンドン警視庁は初代本部庁舎「グレート・スコットランド・ヤードランド」でした。

スコットランド・ヤードは、ロンドン警視庁の本部の一般的な通称です。
引用元:lon-don.xyz

警視庁が「桜田門」と呼ばれるように、ロンドン警視庁は「スコットランドヤード」と呼ばれているよ

ただ、2015年にグレート・スコットランド・ヤードはホテルに改装され外観は映画に登場したものとは変わってしまいました。

【8月3日 Relaxnews】背筋も凍る犯罪事件の物語にわくわくする人にぴったりのホテルが、英ロンドン(London)…

ベイカー街の亡霊に登場したスコットランドヤードの雰囲気を味わうのであれば、2代目庁舎のニュー・スコットランド・ヤードに行きましょう。

2代目庁舎のニュー・スコットランド・ヤードの建物は、ロンドンアイの対岸にある現在のロンドン警視庁本部庁舎(4代目スコットランドヤード)の隣にあります。

シャーロックホームズやエルキュールポアロに登場するのは、ほとんどがこの2代目庁舎のニュー・スコットランドヤード・ヤードです。

ベイカー街の亡霊の聖地巡礼にはならないかもしれませんが、ミステリーファンなら確実に行っておきたい場所です。

セントマークス教会

コクーンのゲーム”ロンドンの世界”への入り口は、セント・マリー教会という架空の教会です。

そんなゲームの入り口となったセント・マリー教会のモデルになっているのは、セントマークス教会と推測。

  • 教会の外観がそっくり
  • 教会の前にレンガ造りの壁と門がある

イギリスには他にセントメアリーズ教会という名前が似ている教会もあるのですが、外観がセント・マリー教会とは全然違っていました。

他のイギリスの教会も色々チェックしていきましたが、外観が一番セント・マリー教会に似ているのはセントマークス教会でした。

切り裂きジャック博物館

コクーンのゲーム?ロンドンの世界”への入り口となる?セント・マリー教会(架空の教会)”がある場所は、切り裂きジャック博物館です。

コナン10yearsシネマガイドに詳しい地図が掲載されており、セント・マリー教会とGoogleマップと照らし合わせてみるとピッタリ切り裂きジャック博物館でした。[1]

コナンの映画の登場する聖地は、架空の場所でも綿密に設定されています。

世紀末の魔術師に登場する”鈴木近代美術館(架空)”は大阪城の駐車場、”高坂家のお城(架空)”は公園だったり、コナン聖地を探しているとほんとに細かくロケハンされているのがわかります。

1.『コナン10yearsシネマガイド』(ロンドン市内のコナンの訪問地)p.103

ロンドン塔

シャーロックホームズの元へ歩いて向かうコナン達の背景に写っているのは、ロンドン塔です。

正式には「女王(国王)陛下のロンドン塔の宮殿および要塞(Her (His) Majesty’s Royal Palace and Fortress of the Tower of London)」と呼ばれ、現在も儀礼的な武器などの保管庫、礼拝所などとして使用されている。
引用元:Wikipedia

ビッグ・ベン

シャーロックホームズの元へ歩いて向かうコナン達の背景に写っているのは、ビッグ・ベンです。

ベイカー街の亡霊では、ビッグ・ベンの時計盤は時間を示しているのではなく、ゲームの生存者を表す重要な指標であり、この映画最大の伏線とも言えます。

アニメ名探偵コナン第616話-第621話のホームズの黙示録でもビッグ・ベンは重要な場所となっております。

The SHERLOCK HOLMES(パブ)

コナン達がモリアーティ教授と出会った”トランプクラブ”のモデルになった場所は、シャーロックホームズ(パブ)でしょう。

トランプクラブは、ロンドン市内にある19世紀の雰囲気があるパブを参考にしているとコナン10yearsシネマガイドで紹介されていました。[2]

参考にしたパブの写真も掲載されており、カウンターの雰囲気がロンドン市内にあるパブ「シャーロックホームズ」にそっくりです。

照明や内装が若干違うのですが、20年ほど前の写真なので変わっている部分があってもおかしくはありません。

こちらのパブの2階には、シャーロックホームズやワトソンの部屋を再現したスペースもあります。

ホームズの作品に登場する踊る人形の絵が書かれていたり、シャーロックホームズ博物館に引けを取らないクオリティです。

Googleマップに内装の写真が掲載されているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

2.『コナン10yearsシネマガイド』(19世紀ロンドン)p.114

プロスペクトオブウィトビー

プロスペクトオブウィトビーは、トランプクラブの内観のモデルになったのではないかと思われます。

先ほど紹介したThe SHERLOCK HOLMES(パブ)よりも、カウンターの雰囲気はトランプクラブに似ています。

ベイカー街の亡霊のエンドロールにも、プロスペクトオブウィトビーは登場するのでトランプクラブを描く際に参考にしたパブの一つだと思われます。

ロンドン交通博物館

モリアーティ教授が乗っていた馬車のモデルは、ロンドン交通博物館にあります。

ベイカー街の亡霊は19世紀ロンドンが舞台なので、その当時の乗り物を描くためにロンドン交通博物館へ取材されたそうです。[3]

コナンがジャックザリッパーを追って乗車した蒸気機関車(グレート・ノーザン鉄道スターリング・シングル形蒸気機関車)もロンドン交通博物館に展示されているものを参考にされたのでしょう。

こちらのブログでとてもおしゃれな写真とわかりやすく解説と共に、ロンドン交通博物館に展示されている列車や博物館の雰囲気が紹介されています。

乙参嗜好

ロンドンから300キロのヨークにあるイギリス鉄道博物館でみる、世界最速蒸気機関車…

まさかに日本の新幹線まで展示されているなんて知りませんでした。

3.『コナン10yearsシネマガイド』(19世紀ロンドン)p.114

ブーディカ像

コナンがモリアーティ教授からジャックザリッパーに送られた暗号を解くために新聞を購入した場所は、ブーディカ像横の階段です。

階段の後ろに見える建物は、ビッグ・ベンです。

ロイヤル・オペラ・ハウス

ホームズの愛する女性”アイリーン・アドラー”が舞台に立ったオペラ劇場のモデルになった場所は、ロイヤル・オペラ・ハウスです。

映画で登場するオペラ劇場も豪華な雰囲気で子供の時に見ていてワクワクしましたが、実物のロイヤル・オペラ・ハウスの方がもっと豪華絢爛でびっくりしました。

アイリーン・アドラーは新一の母親である工藤有希子そっくりで、優作がどれくらい有希子のことを愛しているのかよくわかります。

チャリング・クロス駅

オペラ劇場でアイリーンを殺害しようとしたジャックザリッパーを追いかけてたどり着いた”チャリング・クロス駅“です。

この駅からジャックザリッパーが乗車した蒸気機関車に飛び乗ります。

チャリング・クロス駅はホームズの作品に幾度も登場します。(『アビー農場』『金縁の鼻めがね』etc.)

最後にコナン達がワインに浸かりながら列車が突っ込んで行く駅は別の駅になりますが、どの駅かは紹介されていません。

ブライトン駅

  • 蘭とジャックザリッパーが途中橋から落ちる
  • 駅の大きさからターミナル駅

トンネルの雰囲気からハリーポッターの9と3/4番線で有名なキングスクロス駅か、クマで有名なパディントン駅かな?と思いましたが、チャリングクロス駅からその2つの駅へ行く間に川がありませんでした。

当時の交通事情も考慮すると、ウォータールー・イースト駅がコナン達が到着した駅ではないかと一旦予想しました。

ただ、ウォータールー・イースト駅ではあまりに距離が近すぎるのと蘭とジャックザリッパーが落ちた橋はウース・バレー高架橋が一番似ていると思うので、ウースバレーを通るブライトン本線の終着駅の“ブライトン駅”と推測。

ただ、19世紀ロンドンでチャリングクロス駅からブライトン駅までの直通電車があったのかは不明なので自信はありません。

映画ではレンガ作りのトンネルにぶつかった衝撃で、列車が止まっていたのでもっとレンガ造りな駅なはずでは?と腑に落ちない部分もあります。

わかる方いたらコメントいただけると助かります。

劇場版名探偵コナン「ベイカー街の亡霊」を観る方法

コナンの新作映画が放映される4月~6月くらいには、huluAmazonプライムビデオu-nextなど各動画サブスクサイトで劇場版コナン「ベイカー街の亡霊」を見ることができます。

ただ、7月~3月まではどの動画サブスクサイトでも見ることができないので、

上記の方でしか、劇場版名探偵コナン作品を観ることができません。

DVDを買っても面倒でそんな見ないし、4月~6月はサブスクで見られるので、おすすめなのはDVDのレンタルです。

DVDレンタルはとにかく簡単&安い

  1. 好きな作品を選ぶ
  2. 家に届いたら見る
  3. 見終わったらポストに投函するだけ

DMMレンタルなら、家にいながら簡単にレンタルでき、1ヶ月のお試し期間中であれば、無料で劇場版コナン全作品のDVDを借りることができます。

「コナン聖地巡礼へ行く前に、劇場版コナン作品を見ておきたいなあと思われている方」や「久々にベイカー街の亡霊を観たいと思われている方」は、無料で体験できるDMMレンタルをお試しください。

まとめ

ベイカー街の亡霊の聖地は、下記の15か所です。

「ベイカー街の亡霊」
聖地
登場シーン 詳細ページ
シャーロックホームズ博物館
  • オープニングシーン
  • シャーロックホームズの家
幕張メッセ 米花シティホール外観
東京芸術劇場 米花シティホール内観
中野サンプラザ 米花シティホール内観
グレート・スコットランド・ヤード ジャックザリッパーの解説時
セントマークス教会 セント・マリー教会(コクーンのゲーム?ロンドンの世界”への入り口)
切り裂きジャック博物館 セント・マリー教会のあった場所
ロンドン塔 ホームズ宅へ行く道中
ビッグ・ベン
  • ホームズ宅へ行く道中
  • ゲームの生存者を表す指標
The SHERLOCK HOLMES(パブ) モリアーティ教授と会ったトランプクラブのモデル①
プロスペクトオブウィトビー モリアーティ教授と会ったトランプクラブのモデル②(内観)
ロンドン交通博物館 モリアーティ教授の馬車のモデル
ブーディカ像 コナンが新聞を購入した場所
ロイヤル・オペラ・ハウス アイリーンアドラーの立つ舞台オペラ劇場のモデル
チャリング・クロス駅 ジャックザリッパーを追って蒸気機関車に乗車した駅

※公式情報ではなく、個人的に調べてまとめたものも含まれますので間違っている部分もあるかもしれません。

ベイカー街の亡霊の聖地は、ロンドン、東京、千葉と全て巡礼するのは難しいですがコナンファン&シャーロキアンであれば一度は行っておきたい場所です。

生で見るビッグ・ベンは、本当に感動するので実際に行ってみてほしい場所です。(イギリスのご飯は本当にまずいので、それがなければ本当にロンドン聖地巡礼おすすめなんですけどね…)

ロンドンは、アニメ名探偵コナン第616話-第621話のホームズの黙示録でも登場します。

ベイカー街の亡霊のエンドロールロケ地は、こちらの記事を参考にしてください。

関連記事

「ベイカー街の亡霊」基本情報 [itemlink post_id="570"] 「ベイカー街の亡霊」基本情報 キャッチコピー 夢か亡霊か!? 歴史の迷宮ラビリンスに隠された真実を掴め 公開日 20[…]

実際に行かなくても、Googleマップで見るだけでもベイカー街の亡霊の世界観がわかるので充分楽しめますよ。

もっと詳しく当時のロンドンの雰囲気を知りたい方は、ダウントンアビーのドラマを見るともっと19世紀イギリスがどんな感じなのか、ベイカー街の亡霊がどれだけ忠実にその当時のロンドンを描かれているのかわかりますよ。

ダウントンアビーは、推理ドラマではなく、恋愛ものでちょっと暗くドロドロしてますが、19世紀の衣装や食器を使用されているのでとても豪華なので見ていて楽しいですよ。(AmazonPrimeVideoから視聴可能です)

「コナン聖地巡礼へ行く前に、劇場版コナン作品を見ておきたいなあと思われている方」や「久々にベイカー街の亡霊を観たいと思われている方」は、無料で体験できるDMMレンタルをお試しください。